電子書籍・床本

club.cotobuki

▶︎メンバーズページ




メールマガジンを受け取る

  • NEWオリジナルグッズ


    電子書籍床本「石部宿屋の段」▼
    床本全ての商品はこちらから▼

  • 人形浄瑠璃文楽

    大阪の道頓堀で江戸時代元禄期に歌舞伎とともに隆盛を誇り、幕府の認可の元で興行を行なった竹本義太夫や近松門左衛門を始祖とする人形浄瑠璃の一座。

    文楽座の演者は竹本義太夫とその弟子が創設した竹本座・豊竹座からの代々の弟子筋で構成されている。


    公演情報

    6/30 更新

    7/16-8/4
    7-8月文楽大阪公演


    心中天網島
    「紙屋治兵衛内の段」

    をダブルキャスト(前半)にてつとめさせていただきます



  • 次回の公演情報はこちらから▼







  • 豊竹咲寿太夫
    とよたけ・さきじゅだゆう


    人形浄瑠璃文楽
    ぶんらく
    太夫



    国立文楽劇場・国立劇場での隔月
    2週間から3週間の文楽
    ぶんらく
    公演に主に出演。

    その他、公演・イラスト(書籍掲載)
    ・筆文字(書籍タイトルなど)
    ・雑誌ゲスト・エッセイ連載など
    オリジナルLINEスタンプ販売中

    ▶︎その他詳細はこちらから

     

     










    床本「桂川連理柵」石部宿屋の段」
    期間限定無料ダウンロード

    https://firestorage.jp/download/



    電子書籍版「渡し場の段」e-pub

    • 15%OFF ¥425

    電子書籍版床本「義経千本桜」仙洞御所の段【解説付き】

    • 20%OFF ¥480



    twitter/ Instagram/ ブログ/ YouTube/ note





    NEW





    次回・大阪公演


    「心中天網島」

    北新地河庄の段(ダブルキャスト前半)
    道行名残の橋づくし





    次回・東京公演

    9/3-9/20

    「碁太平記白石話」

    田植の段






    LINEスタンプ

    次へ 次へ









    太夫

    -TAYU-


    浄瑠璃の義太夫節を語る。
    基本的に全ての登場人物、
    並びにト書きを一人で語り分ける。
    肩衣・袴を着用し、
    そのデザインは演目ごとに本人が選ぶ。
    前には漆塗りの大きな台「見台」を置き、
    その上で「床本」を用いる。



    三味線

    -SHAMISEN-


    太夫と共に浄瑠璃を演奏する。
    太棹の三味線を使い、その撥
    は他の三味線の撥よりも厚み
    がある。「伴奏」ではない。



    人形遣い

    -NINGYO-


    世界的にも非常に珍しい三人遣い
    という手法を用いる。一体の人形を
    三人で遣うため、繊細かつ大胆な表現
    が可能である。首(かしら-頭)を遣
    う「主遣い」、左手を遣う「左遣い」
    足を遣う「足遣い」の三人である。
    芸歴の若い順に足遣い→左遣いと修行
    を積んで、主役級の人形の主遣いになれる。









    TOPへ